Top » 神奈川新聞

神奈川新聞

県内に張り巡らされた取材網で徹底した地域情報を収集しています。
神奈川に根差した信頼性の高い紙面づくりに「こだわり」を持っています。

編集局 本社の取材部門は、報道部、経済部、運動部、文化部、映像部、市民情報部の6つに分かれて
おり、地域の拠点に1支社5総局14支局を設置しています。

くまなく張り巡らされたネットワークと、記者のフットワークでさまざまな温もりあるニュースを収集
し、集まったニュースを編集担当である整理部が紙面化していきます。
報道部
日夜発生する事件・事故など、県内の動きをくまなく迅速に、的確に伝えるのが報道部の
仕事です。

記者は県警や県庁、市町村の役所などを取材拠点として、県政界や県内自治体の動向をウ
オッチ。神奈川の視点から国会の動きもフォローしています。

若手からベテランまで記者は個性豊かで多彩。街の話題に始まり、教育や災害対策、憲法・
基地問題などを専門的に追い駆けている記者もいます。
経済部
京浜臨海部を抱える神奈川は、経済活動の盛んな地域で、横浜港を起点に海外ともつながっ
ています。

取材対象は、大企業だけでなく、中小からベンチャーまでさまざま。東京・兜町の記者ク
ラブにも常駐、県内上場企業の決算などをチェックしています。

大学の研究室情報や企業家紹介、音楽・エンターテインメント・レジャービジネスについ
ても情報盛りだくさん。いずれも、他紙にはない記事ばかりです。
運動部
「夏の甲子園」に代表される高校野球の取材は春、秋の大会でも地区予選から徹底取材し、
記録を掲載しています。

同様に高校スポーツは全般にわたりインターハイだけでなく新人戦、選抜大会から、また
中学スポーツについても毎年夏に開かれる県中学総体を軸に、
ともにきめ細かな取材を心掛けています。アマチュアだけでなく
プロ野球の横浜DeNAベイスターズ、横浜F・マリノスを中心にしたJリーグについても
専門記者を配して密着取材をモットーにしています。
文化部
文学、音楽、美術、演劇、舞踊、映画から健康や暮らしまで、文化部では幅広い分野をカバー
しています。
映像部
写真による取材と、最良の映像を紙面の素材として提供するとともに歴史の一瞬を映像に
保存します。
取材用カメラはフィルムからデジタルに変わり、事件・事故現場からプロ・アマのスポーツ、
四季折々の花鳥風月の取材まで、幅広い守備範囲で動いています。
価格
月額 ¥3,189/月(税込み)

お問い合わせ

7日間の無料購読、新聞のご購読やご質問などのお問い合わせは、
ASA磯子まで、お気軽にお電話ください。
TEL.045-751-6466
また、左上の「各種申し込みフォーム」からも、お問い合わせいただけます。