Top » 新着情報 » 人命救助で表彰された新聞配達員

人命救助で表彰された新聞配達員朝日新聞ASA磯子

category : 新着情報 2013.5.30

こんな記事を見つけました。表彰された新聞配達員さん

新聞配達員が、高齢者を救助して町から表彰されたニュースです。これは地方のニュースですが、常日頃から良い心がけをしている結果の出来事だと思います。

地方では、隣組や、人と人との繋がりが濃いからこんな結果になったと考える方もいるかもしれませんが、東京でも同じような美談は沢山あります。

普段、新聞を読んでいて、こういうニュースに触れることは少なく、どちらかというと事件や事故の悪いニュースの方が目に付きますが、これは新聞という媒体の性質上の事で、自社の宣伝や広告ととられるような報道は自粛している関係です。報道という仕事はあくまでも「公正、平等」なスタンスを崩せないので、関連会社や系列会社を美化しているととられる記事はNGなのです。

ほぼ毎日、朝刊・夕刊の新聞を配達し、月に一度は集金にも伺う、その他にも契約の更新で訪問したりしますので、新聞配達のしごとほど地域に密着している仕事はありません。一人暮らしのお年寄りや、通学中の児童などへ、気配り、目配りをしながら仕事をしていれば、異変にいち早く気づき、「人助け」もできる仕事です。

私たちASA磯子も、地域の皆様のお役に少しでも立てるよう社員一同頑張ってます。