Top » 新着情報 » 〈こども宇宙科学館〉で宇宙体験!

〈こども宇宙科学館〉で宇宙体験!朝日新聞ASA磯子

category : 新着情報 2013.7.17

はまぎん こども宇宙科学館(洋光台5-2-1)は、5FからB2まで、館全体が巨大な宇宙船をイメージした体験型科学館です。
フロアごとにテーマの異なる5つの展示室と特別展示室があり、子どもから大人まで、自分でふれて体感して、楽しく遊びながら宇宙や科学のふしぎを学ぶことができます。

5F「宇宙船長室」では宇宙の広がりをさぐる。キャプテンシアターでは、身近な道具を使った科学実験ショウ「サイエンス・ショウ」を毎日開催。また、土日には宇宙開発やロケットなどについての解説を行う「ウィークエンドレクチャー」を実施。テーマが毎月変わります。
4Fは、光や電波で遊べる「宇宙発見室」。
3Fは、”月面ジャンプ”や”空間移動ユニット”が人気の「宇宙トレーニング室」。
2F「宇宙研究室」では、カミナリやオーロラのふしぎにふれることができます。スペースラボではミニ実験を毎日開催。目の前のカウンターで実験を見られるので、スタッフとの会話もはずみます。
B2「宇宙工房」では、パズルにチャレンジしたり、コンピュータで乗り物をデザインすることができます。

宇宙劇場(プラネタリウム)では、直径23mのドーム全体に広がる迫力の映像と、リアルで美しい星がつくりだす、臨場感あふれる宇宙を体験できます。小さなお子さまから大人まで楽しめるプログラムをご用意しています。全ての番組の前後どちらかで約15分間、スタッフによるその日の星空解説を行っています。
その他、月に1回程度、星空観察会を開催。プラネタリウムで宇宙のお話をした後、実際の星空のもと、星や星座の解説を行います。天体望遠鏡で月や惑星などの天体観察も行います。

☆全国初!スペースシミュレータ体験!
07月20日(土)~09月01日(日) 9:30~17:00
常設型のオリジナル宇宙シミュレータを全国初公開!
①宇宙空間でのドッキング ②ロボットアームで宇宙船をキャッチ ③地球への帰還 …3つのプログラムから1つを選んで挑戦できます。(1回約3分)
定員:各日100名
会場:B2 特別展示室
料金:200円(当日1Fインフォメーションで16:00まで参加券販売、別途入館料が必要です)

〈ご利用案内〉
開館時間:9:30~17:00 ※入館は閉館1時間前まで
休館日:第1・3月曜日(月曜日が祝日または振替休日の場合は翌日火曜日)、年末年始(12月29日~1月3日)
入館料:大人400円、 小・中学生200円、4才以上 —
宇宙劇場入場料:大人600円 、小・中学生300円、4才以上300円
(その他、定期入館料もあり)
問い合わせ…電話:045(832)1166・FAX:045(832)1161 (受付:9:30~17:00)