Top » 新着情報 » 史跡で「ダイヤモンド富士」を観察

史跡で「ダイヤモンド富士」を観察朝日新聞ASA磯子

category : 新着情報 2014.9.16

三殿台遺跡は横浜市磯子区岡村にある縄文・弥生・古墳時代のムラの跡です。遺跡は標高55メートルほどの小高い丘の、約10,000平方メートルの広さがある平坦な場所にあります。
1966(昭和41)年に国の指定史跡となり、翌1967(昭和42)年、三殿台考古館(磯子区岡村4-11-22)が開館して、遺跡とともに公開されています。 横浜出身のユニット「ゆず」のCD「すみれ」ブックレットに登場したりもしています。

 

『国指定史跡で「ダイヤモンド富士」を観察しませんか!』
「ダイヤモンド富士(ダイヤモンドふじ)」は、富士山の山頂部と太陽が重なる大気光学現象です。皆既日食の際の「ダイヤモンドリング」になぞらえ、太陽がダイヤモンドのように美しく見えるためこう呼ばれています。
9月25日(木)~29日(月)の期間、三殿台考古館の開館時間を日没(18時ころ)まで延長します。
三殿台に暮らした遠い祖先たちも見ていた、美しい自然現象をあなたも見てみませんか。お時間がありましたら、カメラを片手にぜひお出かけください。
なお、富士山火口中央から三殿台遺跡まで、直線距離にしておよそ80kmあります。気象条件により、富士山が見えないこともあります。昨年度も秋・春とも山頂中央に沈む日は富士山そのものが見えませんでした。今回が5回目の開催となり、今回こそは見られることを期待しましょう。

 

〈三殿台考古館〉
■開館時間
4月~9月 9:00~17:00
10月~3月 9:00~16:00
■休館日
第3水曜日(祝日の場合翌日)、12月28日~1月4日
■入場料
無料
■駐車場
乗用車5台可 ※大型バスは進入できません。
■交通
〒235-0021 横浜市磯子区岡村4-11-22
Tel.045-761-4571/Fax.045-761-4603
 ●電車で…市営地下鉄「蒔田」駅南口から徒歩20分
 ●バスで…「弘明寺」停留所(市営地下鉄「弘明寺」駅前から、市営バス219系(弘明寺~ 三殿台公園循環)      「三殿台公園」停留所下車徒歩3分
     JR「保土ヶ谷」駅または京浜急行「井土ヶ谷」駅から市営バス9系統、JR「磯子」 駅から市営バス     9・78系統「天神前」停留所下車徒歩10分