Top » 所長ブログ, 新着情報 » ASA磯子 所長ブログ3/14

ASA磯子 所長ブログ3/14朝日新聞ASA磯子

category : 所長ブログ, 新着情報 2015.3.14

翌朝、戸狩スキー場は予想通りの大雪だった。
スキー場なんだから雪があっても良いじゃないか!

一般論は置いといて、
朝から大雪でリフトが稼働していないのだ。
スキー場が危険と判断したのだが、30年前なら考えられない事態だ。
私の記憶では強風で止めても大雪で止まった事はなかった。
今は安全が第一だ。

リフト券売り場のおばちゃんに
「まだ動かないって?このスキー場も軟弱になったねー」
「昔はこの程度の雪で止めたりしなかったなー」
おばちゃんも営業トークで、
「そうそう」
笑顔で返してくれた。
私はいつの間にか面倒臭いオヤジに変身していた。

しばらくして運転が開始すると知った顔でリフトに乗り込んだ。
頂上のリフトを降りると初級者用斜面が広がっていた。
ふと立ち止まり、足が進まない。
緩斜面のはずが急斜面に見えるのだ。
かつて我が物顔で滑っていたホームゲレンデなのに、
「俺もヘボになったなー・・・昔は・・・」
ボヤキながら滑り始めた。
安全に、慎重に。
300メートルも滑ると息が上がってしまった。
「ハー、ハー、」
自身の老朽化は想像以上だった。

ふと見るとスキークラブの集団が上手い奴を先頭に練習をしていた。
かつての私と類似する光景だ。
しげしげと彼らを見ながら
「真面目にやっとるなー」
「まだまだ滑りが甘い!」
と、ブツブツ言いながら孤高のスキーヤーはコーヒーの香るレストハウスへ滑って行った。